Sloth Diary

旅行と美味しいもの、たまに毒を吐きジャニーズについて叫ぶ

また、おとくんが会社辞めたいと言い出した

うちの大黒柱、夫のおとくんは仕事が大嫌い。サザエさん症候群なら憂鬱になるのは日曜の夕方からですが、おとくんは金曜日の夜以外はずっとテンション低めで暮らしています。

 

人に聞かれたら「良いところにお勤めですね」と言われる程度の大手企業で働いているのですが、仕事が嫌いなので毎日きっちり定時で帰ってくる。そして飛び石連休は必ず有休を挟んで中連休を作っています。そんなことしなくても正月休みにゴールデンウィーク、夏休みなどもともと9日間くらいは連休になるし創立記念日だって休みです。

 

共働きだったときは私が体調不良なので会社を休むと「ぼくも休んじゃおうかな」

と一緒になって休むようなおとくんです。

 

最近も眼医者に行く、歯医者に行くとしょっちゅう早退している。定時で帰れるのだから早退しなくても受付時間には充分間に合うはずなのに。

 

今日も「年度末で辞めるって言おうかな?」「来週、上司に話があるって言おうと思ってるんだよね」とLINEがピコピコ。おとくんは今の会社が嫌なんじゃなくて労働が嫌いなんだろうなって思うんだよね。

 

 夕食時も何度話したかわからないいつもの会話が繰り返されるんです。

「転職するの?会社辞めて何するの?」

「うーーーん、転職はないかな。何がいいと思う?」

「やりたいことないの?」

「うーーーん・・・無いかな。南国でまったりしたい」

「いつも休みの時には行ってるじゃん?」

「うーーーん、でも帰国したら会社だと思うとくつろげないよ」

「会社辞めて生活費はどうするの?」

「うーーーん、どうしようか?宝くじ当たらないかな?」

「買ってないから当たらないんじゃない?」

「うーーーん、そうだよね。お風呂入ってくるね」

そだねー

 

 

おとくんみたいに世の中には労働に向かない人いますよ。それでも誰かの役に立っていると思います。

じゃあおとくんは何の役に立つのかというと・・・癒しですかねぇ。部屋に花を飾るとかもこもこクッションとか手触りのいいブランケットみたいな( ´∀` )