Sloth Diary

ペットと旅行と美味しいもの、たまに毒を吐きジャニーズについて叫ぶブログ

毒親の介護について今から毒を吐きます

とにかく今日は嫌な1日だったので今から毒を吐きます。楽しい話ではないので、ここから先は読まずに頂いてもかまいません。

 

f:id:inakade:20190224200437j:plain

 

うちの母はサービス付き高齢者住宅に住んでいます。父はいません。2年以上探し回ってやっと今のところに落ち着きました。

 

それまではいろいろな老人ホームを見学したり体験入居をしながら私たちと同居をしていました。

 

一旦入居させても母は自己中心的で他人に対して言って良いことと悪いことの区別がつかず(わかってて言うときもある)他の入居者さんとうまくやっていけずに、たびたび苦情が入り退去するということを繰り返していました。

 

同居する以前は、私はほとんど母と連絡を取っていない状態でした。たまたま何かの用事で母に会った時に浮浪者のようなすえた臭いがしてきて、自宅に行ってみたらそこはゴミ屋敷だったのです。それでも本人は「全然困っていない、何が問題なのかわからない」と言いました。

 

そのまま母を放置して帰ろうかとも思いましたが「保護責任者遺棄罪」にでもされたらたまりませんので自宅に連れて帰りました。そして2年以上の同居を経てやっとサービス付き高齢者住宅に入居させ今は介護サービスを受けて暮らしています。

 

私は出来るだけ母には会いたくないので、具合が悪いとか用事があるとか言ってなるべく訪問しないで済むようにしているのですが今日は介護サービスの契約の件で仕方なく母のところへ行ってきたのです。

 

ここまで読んでいて、なんてひどい娘だと思いますよね。でもネグレストされて育った私が親をネグレストすると犯罪になってしまうなんて理不尽です。

 

そういうことを言うと「大人になるまで育ててもらったんだから有り難いと思わないと」とか言われたりするのですが、虐待されて亡くなる子供だって亡くなる前の日までは生きていたわけで、生きている間は「育ててもらった」ってことになってしまう。

 

私はたまたま死なないで大人になりました。虐待されて育ったことなんて微塵も感じさせないで暮らしています。なのに「冷たい」とか「自分の親なんだから」とかさぁ

 

勝手なこと言うなーーーーーーーーーーー

 

以上です。

この記事は私が目にするのも嫌になった時に消滅します(;'∀')