Sloth Diary

旅行と美味しいもの、たまに毒を吐きジャニーズについて叫ぶ

ハンガリーの郷土料理味グヤーシュの店と自宅でグヤーシュ

国王も好んで食べたと言われているグヤーシュという郷土料理。今回の旅行中に行ったお店をご紹介します。

 

Bohémtanya

f:id:inakade:20190324210633j:plain

ハンガリー料理のレストランで食べたグヤーシュです。これは濃厚なタイプでシチューに近い感じですね。私はここのグヤーシュが一番のお気に入りでブタペスト最終日にも再度食べに行きました。

goo.gl

 

 

 Pesti Vendéglő

f:id:inakade:20190324210452j:plain

そのお気に入りのお店の道を挟んで反対側にあるハンガリー料理のレストランのグヤーシュはさらさらしたタイプです。こってりが好きな私にはちょっと物足りない感じでした。

goo.gl

 

 SonkaArcok

f:id:inakade:20190324210455j:plain

 ハンガリー国立博物館の帰り道、歩き疲れてたまたま入ったレストランのグヤーシュです。これもさらっとしていて角切り野菜がごろごろ入っていました。

goo.gl

 

 Pipa étterem

f:id:inakade:20190324210458j:plain

 こちらはブタペスト中央市場の近くにあるレストランのグヤーシュです。ここのレストランはグヤーシュのハーフサイズがありました。程よく煮込まれていて美味しかったです。これくらいの量だと最後まで美味しくいただけました

goo.gl

 

以上、ハンガリーで食べたグヤーシュでした。どうしてこんなにグヤーシュばかり食べていたかというと、ハンガリー料理で美味しいと思ったのがこれだけだったっていう理由なんですけどね(;^_^A

 

Café Oper Wien

f:id:inakade:20190324210504j:plain

これはウィーンに移動してから食べたグヤーシュ。ウィーン歌劇場のカフェのグヤーシュですがカフェとは思えない完成度で美味しかったです。

goo.gl

 

グヤーシュはハンガリーを代表する料理ということですがオーストリアやドイツでも同じような料理を食べることが出来ます。もともとは大鍋で作り放牧や農作業で働く人々が昼食に食べていたスープです。日本でいうところの味噌汁のようなもので家庭によっていろいろ具や味が違うようです。

 

自宅でグヤーシュ

f:id:inakade:20190324210607j:plain

f:id:inakade:20190324210619j:plain

f:id:inakade:20190324210626j:plain

現地スーパーでその国にしかない食材を見たり調味料をお土産に買ったりするのも海外旅行の楽しみのひとつです。これは帰国後に自宅で作った(夫のおとくんが)グヤーシュです。これも美味しかった(*^▽^*) ハンガリーではパンが出てきますが日本だったらご飯にかけてハヤシライスみたいに食べるのがいいと思います。

 

お土産に買ってきたグヤーシュの素を使って作っていますがクックパッドにもレシピがたくさん出ています。調味料で必須なのはパプリカパウダーですがあとは自宅にあるもので作れそうでしたよ。いつかハンガリーが恋しくなったら作ってみようかな(今度は私が・・・)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

www.inakadelife.com