Sloth Diary

旅行と美味しいもの、たまに毒を吐きジャニーズについて叫ぶ

万葉自然公園かたくりの里訪問記 かたくりの花が見頃です

山の中に自生する「かたくりの花」はその名前のとおりかたくり粉が取れる植物です。栃木県佐野市にある万葉自然公園かたくりの里では3/15~3/31の間「かたくりの花まつり」を開催しているとのことでリハビリを兼ねて山歩きをしてきました。

 

f:id:inakade:20190327201559j:plain



かたくりの里に入場料はありませんが駐車料金が500円となっています。車を駐車場へ置いてかたくり群生地という看板を頼りに歩いていきます。

f:id:inakade:20190327160743j:plain

かたくり群生地へはペットを連れて行くことが出来ません。

f:id:inakade:20190327161013j:plain

この扉の外で飼い主さんが交代でお留守番させているワンコもいました。

 

f:id:inakade:20190327160901j:plain

門を抜けると緩やかな階段になっていますが途中から傾斜も出てくるので油断は禁物です。滑りにくい靴で来ることをお勧めします。

 

f:id:inakade:20190327160730j:plain

しばらく登っていくとかたくりの花の大群が見えてきました。

f:id:inakade:20190327160913j:plain

 

 

山の中に自生する植物ですがその数がどんどん減ってきているため現在ではこのように保護されているんですね。種から7年以上もかけて育ち山の中にひっそりと咲くとはけなげな花ですね。

f:id:inakade:20190327160910j:plain

f:id:inakade:20190327160734j:plain

 

 

かたくりの里は三毳山の北側斜面にあり遊歩道が整備されているので比較的歩きやすいですが、写真で見るよりは1段の段差があったのでお年寄りには少しきつそうでした。子供はぴょんぴょん登っていて元気ですね。

f:id:inakade:20190327160737j:plain

 

かたくりの花が群生しているところをぐるっとゆっくり回って1時間くらいでした。この群生地から展望台の方へも行けるようです。

f:id:inakade:20190327161010j:plain

 

 

駐車場からかたくり群生地の間には水芭蕉?水芭蕉ってもっと遅くに咲く花のようだった気がしますが・・・

f:id:inakade:20190327171955j:plain

 

こちらはレンギョウの花が綺麗に咲いています。

f:id:inakade:20190327172002j:plain

 

 

 

かたくりの里のあとはランチ、お蕎麦を食べることにしました。三毳山の麓にある「円仁庵」さんへ向かうと外に長蛇の列が出来ています。この蕎麦屋は地元のおばちゃんが地粉を使って打った蕎麦が美味しいと評判のお店です。

 

 待っても良かったのですが、以前いちご狩りに行ったことがあるアグリタウンへ行ってみることにしました。ここにも地粉で打った蕎麦が食べられるお店があります。「そば処なのはな」さんです。

f:id:inakade:20190327172633j:plain

この辺りだと生の大根が千切りで上にのっている「大根そば」が有名ですが、食べたことが無い「にらそば」にチャレンジしました。「にらそば」は鹿沼の名物だそうです。大根そばの大根は生なのでニラも生なのか?と思いましたがさすがにニラは茹でたものがのっていました。

 

 ニラってどうよ?って思いましたがぜんぜんありです。美味しくいただきました。「そば処なのはな」さんもお勧めのお店ですかたくりの花まつりは今月いっぱいの開催です。

 

佐野と言ったら佐野ラーメンでしょ!って方はこちらをどうぞ