Sloth Diary

旅行と美味しいもの、たまに毒を吐きジャニーズについて叫ぶ

映画「少年たち」を見た個人的な感想 闇を突き抜けて

「少年たち」は毎年ジャニーズJr.が舞台で演じているものを映画化したものです。今回はその「少年たち」を映画館で観てきました。

 

普段は丸ごとジャニーズのような映画でも夫婦で観に行くことが多いのですが今回ばかりは別行動にしました。今回はそれが正解だったと思います。

 

冒頭から始まるダンスシーンが素晴らしくカッコいいです。ここの部分だけでほぼ映画代金の元を取ったと思えるほど素晴らしい。しかし一般の人が観たら「いつ映画がいつ本編が始まるの?」って思うくらいしっかりダンスシーンです。SnowManもSixTONESも最高だし関西Jr.だって負けてないよ(*'▽')

 

 映画化すると聞いたときにインド映画みたいになるのかな?って思ってたけどそうではありません。「少年たち」の舞台をかなり忠実に実写化したといった感じでしょうか。とにかく舞台の良さと映像の良さのいいとこどりのような作品でした。

 

でも、ひとつ舞台にはあって映画には無かったシーンが・・・桶ダンスです(´;ω;`)ウゥゥ これは毎年楽しみにしているシーンでジャニーズJr.がシャワーシーンの時に肌色パンツで風呂桶を持ってダンスするんだけど←もうこの段階で一般の方には意味不明ですかね?さすがにこのシーンは無かったです。このシーンはアドリブがばんばん出てくるお楽しみコーナーなので映画の中に無いのは仕方が無いことなんだけどね。

 

ただ個人的にはもうこのシーンが無いのが気になって気になってしばらく内容が頭に入ってきませんでした。まったくストーリーに関係ないシーンだからいいんだけど、何ていうか・・・

 

パブロフの犬???状態の私がそこにいたんです。「闇を突き抜けて」という曲でダンスが始まりその後シャワーシーン→桶ダンスになるんだけど

 

闇を突き抜けて 叫び続けたい この痛みを 乗り越え

果てしない空へ 光を撒き散らし その時を掴み取る 

この闇を突き抜けて~~~♪ ♪

 

って曲がベルがわりになって 脱ぐよ、脱ぐよ、よだれがーーーー( *´艸`) 

 

そりゃ毎年何度も観ていれば条件反射でそうなるよねぇ。

 

そして桶ダンスが無いというショックから立ち直った私は後半には物語の中に引き込まれて行きました。ストーリーは分かっているのにどうも年のせいか涙もろくなるんだよねぇ。

 

最後の方は舞台には無いシーンが出てきます。このシーンは何を表していたのか?何が言いたかったのか?もう一度映画館で観たいところです。とはいえそんなに長くは上映されていないよね・・・

 

ということで、DVDの発売が楽しみですね~てか、出るよね??? ぜひその際は桶ダンスのシーンを追加で撮影して、桶ダンス入りバージョンも特典で付けてくれると嬉しいな(≧▽≦)

 

おばちゃんの戯言に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。